清掃パート裏話(噂好きなオヤジのさばき方これで良いのだろうか)

パートが一人辞めてしまいました。
長く勤めて私に仕事を教えてくれた方です。

すごく和気あいあいとした職場と思ったのに・・
最後は社員のローラさんとゴタゴタして、あまり良い辞め方ではなかったのです。

短期間ですが板挟みになった私は、自分に火の粉がかぶらないように気をつけていました。

スポンサーリンク

そんな時、清掃パート現場で通りかかったオヤジに
「みみこさん、元気ないんじゃない?」って声かけられました。

ゴミ分別中にさ、元気をどう表現すれば良いんでしょうか。

少し警戒しなければならないこのオヤジは、他人のトラブルが好物な人。
私達の内部事情を知りたくて仕方ないのです。

噂好きなオヤジなので本当に要注意なんです。

私も「ダンナが事業を失敗して清掃パートに出た可哀想な主婦」という見立てをされてしまったようです。

ダンナはそこそこ稼いでいるし、こう言われるのは自分にショボさがあるのかなぁ、と反省しました。

だから通勤時のオシャレや、ヘアメイクには気を使うようになってます。

まぁ、これは良いことなのですが万が一このオヤジに

「実はパートが一人辞めちゃったんですよぉ」

なんて言おうものなら、どしたのどしたの?と聞き耳を立てて、話に尾ひれがついてゆくに違いない感じ。

だからこういう人には最強のバリアーを張って注意しています。

「みみこさん、元気ないんじゃない?」

「いえ、元気です!」(顔を向けず眉間にシワ)

「お天気があーたらこーたら雨降りそうだね・・・」

「梅雨ですから!」(顔を向けず眉間にシワ)

「この写真見てみて、どう?」←なんか風景の写真かなと。

「・・・」(眉間にシワ)

「あ、こういうの興味じゃないんだ?」

「ないですね!」

私、何かすごくイヤな人間になってます。

もちろん相手によりますが、だんだん厳しくなっちゃうな。

外で変な男がいると、一瞬だけどダンナの良さが解るわ。

つづきはこちらです
>>猛暑で屋外の仕事は過酷でした〜毎年倒れて辞めてゆく

清掃パート体験記をまとめています
>>「 清掃パート体験記 」

よろしかったら他のパート体験記もどうぞ

>>「 スーパー寿司パート体験記 」

>>「 保育園調理補助パート体験記 」

スポンサーリンク
パート336ウィジェット
パート336ウィジェット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
パート336ウィジェット