パート部へようこそ

パート履歴書の書き方・面接のコツ・パート体験談のブログ。

新聞広告の募集に高齢の応募者が殺到します

   



清掃現場で50代の私はフレッシュと言われていた!

清掃パートに欠員が出ると、新聞の折り込みで求人しますが 70代の応募者が多いのに驚かされます。

高齢でも雇ってくれそうなパートって清掃のお仕事なんですよね。

50代の私はフレッシュと言われていました!
そこは少し得した気分になりますが勘違いですよね。

清掃パートって女性の方が若干、雇われやすいかな〜と感じています。

その理由はトイレ清掃ですかね。

男性が女子トイレに入ると嫌がられるんですよ。

他の場所でも、女性専用の所に男性の清掃員が入るとクレームが来ることが多いです。

なので面接まで行き着くのは女性が圧倒的に多いです。

募集の際には性別や年齢を特定してはいけないそうなので、書類選考でやんわりお断りしているみたいです。

スポンサーリンク

清掃員へ応募する動機って?

清掃のお仕事ってトイレ掃除などもあるので、かなりな覚悟がいりますよね。

そんなパートに応募してくる主婦の「応募動機」は大きく分かれるようです。

A. わけあり(生活費稼ぎ)
B. 外に出たい(こずかい稼ぎ)

私の場合はきっかけはAでしたが、 仕事を頑張る夫がいるので、結果はBよりになっています。

夫に感謝しつつ暮らしながらも、お金は全額私のふところに入れてしまいます。

だって生活が安定しない自営業なんだもの。

うちの話はともかく、面接なのですが 大体の場合、履歴書を持参してくださいと言われます。

そして、それを見ながらお話していきますが社員さんは、学歴なんか気にしていません。

なにを気にしているかと言えば受け答えです。

スポンサーリンク

高齢者の面接のポイントは、認知症大丈夫かってところ。

清掃パートに来て間もなく認知症が判る方が本当にいるんですよ。

道具を片付けるのに、全然ちがう方向にどこまでも歩いて行ってしまったり。

それを面接で見極めるっていうのが大事になってきます。

まず履歴書がきちんと書けていない人は、やはり不合格でした。

ビックリしちゃうのは、履歴書を見るともう200年も生きてきた方がいたりして。

履歴書の2行目から1800年代になり、 最後の行で急に2014年になり、いつの時代から タイムスリップしてしまったのでしょう・・・

そんなこんなで応募者は多いが、決まる人は少なくやっぱり無理!とやめる人が多いです。