パート部へようこそ

パート履歴書の書き方・面接のコツ・パート体験のブログ。

清掃パートでゴミ運搬中に自転車とすれ違う

   



ゴミのてんこ盛りが乗ったカートを押して集積場に向かっていたら、歩道ですれ違う自転車が止まってよけてくれました。

随分と端によけて、身体まで斜めにして足をついているのです。

親切な人だなぁ〜と思って顔を上げたらなんとダンナでした。

スポンサーリンク

 

知ってる人と(って言うかダンナだけど)仕事中に会ったのが初めてです。

しかもゴミ山てんこ盛りのカートを押して、グダ〜っと歩いていました。

ズタボロの私だよね、こんな奥さんでどうなのよ。

同時にこんなこと思った。
パート辞める前に、こんな姿を見てもらって良かったかも。

やっぱり、女って男次第なの?
すべてをダンナのせいと攻めてやりたいけど、やはり自分でどうにかしたい。

そして行き着いたところが今のこの姿です。

でもダンナはそんな私を見て屈託なく笑って言うの。

「しとしとぴっちゃん、やってんの?」
だってさ!

解りますかね?
子連れ狼の手押し車のことですよ。


何と大らかな発言かねぇ。
ダンナにとっては、生きることと働く事は同じ意味らしいわ。

友人に清掃パートするって言ったら非難されて、その人とは何となく遠ざかってしまいました。

ダンナは仕事に対する下賎な思いが全くないのが、ある意味すごいです。

結局、胸はってないのは自分だなって分かりました(涙)

汗かいて、しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん、やってるんだわよ。

でも大五郎も大きくなったので、もうパート辞めるんだ!!