パート部へようこそ

パート履歴書の書き方・面接のコツ・パート体験談のブログ。

中高年のパート面接で気をつけた方が良い事(その2)

      2017/09/06



パートを辞める私の時間枠で、新聞広告の求人が出ていますがなかなか決まりません。

次に応募してくださる方には、絶対採用されて欲しいです!

今まで見たり聞いたりした中で、面接時に少し気をつければ良いのにな〜と思ったことをお伝えします。

スポンサーリンク

 

清掃パートの現場って、50〜60代が多いです。

一見元気だけど、あちこち痛かったりしながら働いているんですよね。
ひざサポーター、腰サポーターを装着してる人、結構います。

見せてもらったら、こんな風なの付けていました。
↓ ↓ ↓
膝の筋肉を補助するひざサポーター

膝サポーターをつけると、階段が楽になるらしいのです。

膝サポーターをつけろと、階段の登り降りがが楽になるらしいのです。

でも面接だと、今日はいらないかな?って外してしまう方が多いのでは?

サポーター付けているのがバレたらイメージ悪くなりそうですしね。

でも、こんな事がありました。
ほとんど採用するつもりで、最後に清掃の現場を見せるために、ビルの3階まで案内したそうです。

現場にエレベーターはなく、階段を上り下り。

清掃場所に階段も入っているので、階段を行ったり来たりします。

その時、手すりを使って慎重に時間をかけて上り下りするので、面接した社員さんが「膝が痛いですか?」となりました。

「サポーターをすれば大丈夫なんですが・・・」

とのお答えでしたが、残念ながら不採用になってしまいました。

もったいない!

実はその社員さんだって、膝サポーターしてるんですよ。

とにかく、パートの面接って1発勝負です!
現場を案内する事は多いですよ。

面接では今日から働く気で来た!みたいな意気込みで準備してください。

そして是非採用を勝ち取ってほしいです。

サポーターして、太いパンツ履いて行けば大丈夫ですよ♪

私の現場では清掃パートを週4日したら、7万弱になります。
とっても助かる金額です。
こんな小さい話ですが、参考になりましたら嬉しいです。